iTunes Music Store(Japan)   Challenge HP
HP作成 スタイルシート apeskin サーバー HP作成ソフト アフィリエイト リンク BBS top
HPあれこれメニュー
はじめに
知っておきたい事
HTMLの基本
テーブル
フレーム
レイアウト
画像
HTML4.01要素一覧
XHTML
テンプレート
エイプスキン
サイトマップ
 
IEツールバー
Googleツールバー
Infoseekツールバー
Yahoo!ツールバー
Windowsをお使いでしたら、IEツールバーを利用すると検索に便利。 ブラウザに組み込まれ、キーワード検索できます。






■ ハイパーリンクと検索
テキストや画像でリンクを貼る際に、リンク先のページのキーワードがハイパーリンクに含まれていると、 大手検索サイトの Google においてそのキーワードを使い検索すると、検索結果表示が上位になります。

この文章では分かり難いので例をあげて説明すると、例えばこのサイトの名前は「Challenge HP」です。 「ホームページ作りにチャレンジしましょう」という意味で付けた名前ですが、ロボット検索はそう言う意味を理解しません。 ChallengeとHPの文字に対して反応するだけです。そして「Challenge HP」というキーワードで検索した場合は、 検索結果で上位に表示されます。しかし「Challenge HP」で検索する人はまずいません。もしいるとしたら「Challenge HP」を 知っている人に限られます。

つまり「Challenge HP」という名前は、サイトタイトルとしては決して良い名前ではない訳です。ただホームページをHPと訳す人は多いので、 HPだけはホームページ作成支援サイトとして良いキーワードかもしれません。

で、もしあなたのサイトに「ホームページ作成支援のChallenge HP」とか、「HP作成支援のChallenge HP」という名前で 「Challenge HP」をリンクしてくれた場合、「ホームページ作成支援」や「HP作成支援」というキーワードで検索した場合に、 検索結果が少し上位なります。

逆に色々な名前でリンクされるとそのサイトのキーワードが分散してしまい、Googleでの検索結果が不利になります。 もしGoogleからの訪問者を多く得たいとお考えなら、サイトタイトルをキーワードと合致する名前にすると良いでしょうね。

またバナーでリンクする場合は、イメージタグのalt属性でサイト名を入れてあげると、テキストでリンクするのと同じ効果を得られると思います。

ちなみにフレームを使ったサイトは、ロボット検索では大きな不利になります。
■ 少しでも平等なリンクページ
色々なサイトを巡ってみると、多くのサイトにリンクページがあります。そのページ の作りはそれぞれですが、 実はリンクが貼ってあるところは良いところと良くない ところがあるんです。

皆さんがリンクページから余所のサイトへ飛ぶ時、どの辺のリンクからクリックを しますか? 比較的上の方からですよね?またページが複数枚あるサイトなら、やはり上から見ていくと思います。

この2つが重要で、リンクを貼ってもらうなら浅いページの上の方が一等地なんです。 更に言うなら、深いページのリンクは見てもらえる事さえほとんど無い かもしれません。

つまりリンクページを作る時、どうしたらリンクを貼っているサイトを少しでも平等に見てもらえるか?は、 ページを作る上で結構重要な事と思うんです。深い ページへリンクが貼られるなら、相互リンクするメリットが少ないので、 リンクするのをやめようと思う人もいるかもしれませんからね!

そこでカテゴリ分けて複数のリンクページを作り、1ページはスクロールしないで見られるようにするのが、 比較的平等なリンクになると思っています。リンク数が少ない頃は1枚でも良いですが、 リンク数が増えてきたら考えてみて下さい。
■ 登録式リンクと手作りリンクページ
訪問者に登録してもらうリンク用CGIがありますが、それと手作りのリンクページは別物という認識が一般的です。

例えば相互リンクをお願いして、お願いした方が登録型のCGIではお願いされた方は相互リンクしたくないと思う人もいます。 同じリンクと思う人もいるでしょうが、実際にHTMLとCGIではGoogleランキングでの影響が違いますし、 手作業でリンクを追加するのと、誰でも簡単に登録出来るリンクでは印象や重みが違いますね。

相手がHTMLページでのリンクの場合は、ご自身もHTMLで作ったリンクページがやはり必要で、 それが相互リンクをお願いする上でのある意味マナーにもなっていると思います。 CGIによるリンクが結構ありますが、HTMLでのリンクページも用意して置いた方が良いと思います。

ちなみに相互リンクを希望してない場合はどんなリンクでも関係ないです。

またmetaタグによるサイト説明を省く方がいますが、これは入れておいた方が色々な面で良いです。 metaのサイト説明は検索エンジン対策ですけど、リンクを貼る場合にこのサイト説明を読んで、紹介文にする方もいます。
■ バナ―はサイトの顔
バナ―を貼ってあるリンクページで、クリックするのはどんなバナ―でしょうか? と考えた時、何となくでも良く出来ているバナーのサイトを訪問していませんか?

バナーが良ければサイトが良い訳ではないですが、バナーは1つの目安になっている筈なんです。 もちろん上から順番にクリックする人もいるでしょうけどね!

またサイトの説明が書いてあればそれも重要になりますが、それはそこのサイト管理人が書くのが一般的なので、 リンク先で自分のサイトをアピールできるのはバナーだけですね。 なので、バナーはそれなりに頑張った方が良いと思います。

バナーは余所のサイトに貼ってもらう物なので、できるだけ軽く作った方が良いです。 たまにGIFアニメのバナーでかなり重いものがありますが、電話回線でネットをしている人にはとても鬱陶しくなるので、 飾りたい気持ちも分りますが考えて欲しいです。 できたら5KB以内望ましいと思いますが、せめて10KB以上にならないようにしましょう。

ここで矛盾した話しになってしまいました。バナーはサイトの顔であるのだから頑張った方がいい。 しかし少しでも軽いバナーの方が望ましい。この2つはバナーを作る上で相対的な感じになります。 従って良いバナーを作るのはとても難しいって事なんです。

またバナーは直リンが基本です。バナ―を持ち帰ってリンクをお願いするサイトが比較的最近増えましたが、 直リンできないサーバーで無い限り、御互い様と言う事で直リンした方がサーバーの無駄遣いが減ると思います。

リンクページを見る人はサイト訪問者の中でもほんの一部なので、バナーの直リンでサイトが重くなる事はほとんど無いと思うし、 また自分の使っているサーバーでバナ―を表示する事から、重いバナーを使う人が減って良いと思います。

バナーを持ちかえるように言う人に限って、自分のサイトにセルフリンクを設置し、 そこへはバナーを直リンさせているのもおかしな話ですね!まっ、そんな事より、自分のサイトへリンクを貼ってくれる人に、 バナーの持ち帰りをお願いするのは、 おかしな話としか思えてならないんです。 リンクを貼らせてあげるって捉えられる可能性もありますね


嫌なリンクの条件

・リンクするには必ずバナーを使う事。
・バナーは必ず持ち帰って自分のサーバーにアップして使う事。
・リンクしたら必ず報告する事。
(上の条件が複数あったら最悪。そんな条件をのんでまでリンクはしないって!)


バナ―を直リンしてこそのメリットもあります。例えばバナ―を新しく作り直した歳に直にそのバナーが表示されます。 古いバナーを何時までも使い続けられるのを嫌な場合もありますし、 リンクしてくれているサイト全てにバナーの変更をお願いするのは、リンクしてくれるサイトが増えたら大変な事です。

引越しした歳にその事をバナーに書き込んだり、リニューアルの情報もバナーで行えます。 これらは持ち帰ったバナ―では出来ない事ですね。


ちなみに、無料サーバーで画像の直リンができないところがありますが、元々は 直リンができたんです。 しかし大きな広告がHTMLに入るので、画像倉庫扱い (HTMLはプロバイダの サーバーを使い、画像は無料のサーバーを使う)という人が増えて、 それでは無料サーバーに広告収入が入らないので、画像の直リンができないようになったんです。
 you style Copyright (C) 2003-2004 Challenge HP, All rights reserved.